刻印やイニシャルありの結婚指輪でも売れるって本当?

刻印やイニシャルありの結婚指輪でも売れるって本当?

 

結婚指輪は2人の特別な思い出として目で見えるものとなっており、記念に指輪の裏に刻印やイニシャルを彫ると言う人も珍しくありません。
ですがそうしてしまうと指輪そのものに傷をつけてしまうということになってしまうため、万が一結婚指輪を売る時に買取拒否されてしまうのではないか?と心配する人もいるようです。

 

実は結婚指輪は刻印やイニシャルが彫られた状態であっても買取可能となっており、中でもゴールドやプラチナの場合は見た目の状態はもちろん重さで買取価格を査定するようになっているので特に刻印やイニシャルが彫ってあっても影響しないということがほとんどのようです。
しかも人気のブランドの結婚指輪であれば彫ってある部分を削って再販売することができるというお店側のメリットもあるため、特に高額査定で買い取ってもらえる可能性が高くなっています。

 

そのため刻印やイニシャルが彫ってある結婚指輪でも売る際には特に問題はないということになるのですが、注意点としてオーダーメイドで作ってもらったものや知名度の低かったりほとんど知名度のないブランドの商品であった場合はそこまで買取価格も高くなりにくいという点があります。また刻印やイニシャルを彫ってある場合は再販売する時にその部分を削らなくてはならず、削ってしまった際に輪の厚みが薄くなる・強度が弱くなる・変形しやすくなる・サイズが変わるなどのデメリットが出てくるので、その点が査定に響く場合もあります。