婚約指輪を売りたい。0.3カラットだと買取価格はいくらぐらいになる?

婚約指輪を売りたい。0.3カラットだと買取価格はいくらぐらいになる?

 

婚約指輪としてダイヤモンドの指輪をもらったけれども、縁談がだめになってしまって指輪の処分に困っているというのなら、買取で売るというのも賢い選択です。

 

指輪の買取では、貴金属の部分と宝石の部分のそれぞれで価格がつけられるものであり、見た目が同じようなものであっても同じ値段とは限らないものです。

 

貴金属部分であれば、金やプラチナなどの貴金属毎に値段が違い、純度と重さによって評価がされます。
また、宝石部分であれば、宝石の種類と品質によって評価が行われます。

 

婚約指輪というとダイヤモンドが選ばれることも多いものですが、ダイヤモンドの評価は重さでもあるカラットだけではありません。
ダイヤモンドには4つの評価があり、カラットの他にもクラリティ、カラー、カットの評価も合わせてそのダイヤモンドの価値が決まってきます。
大きなダイヤモンドでカラット評価が高くても、傷や内包物の数や大きさ、位置によって評価されるクラリティも重要になってきます。
また、無色透明であることが美しいとされるダイヤモンドは黄色味を帯びるごとに評価が下がり、カラー評価も大切です。
どんなにいい宝石であっても、職人による研磨技術が劣ってカット評価が低ければ、0.3カラットだといっても、買取価格がぐっと下がってしまうことにもなります。

 

ダイヤモンドの買取は店舗によって価格差があるものであり、いいものであってもたたき買いに合わないようにすることも重要です。
たくさんの店舗に無料査定に出して相場を知り、ベストな店舗に出すことが重要です。